FC2ブログ

ある日のおやつ

ローソンまで徒歩3分(オトナの足で)に引っ越してからというもの、誘惑されっぱなしです。

もち食感ロール
おやつ2


半端ないモチモチぶりにノックアウト。
おやつ1
でも、けっこう濃い味なので、たくさんはたべられません。




娘がお昼寝中だったので、食器をお借りしました。
このあいだのクリスマスシーズンに、ケンタッキーでチキンとのセットで販売していたものです。娘が『くまのがっこう』のジャッキーがダイスキなので、ダンナさんがわざわざ買ってきてくれました。妻のスキナモノには全く興味がないくせに、娘のスキナモノはしっかり把握しているマメパパです☆





コンビニスィーツとキャラクターものの食器。
オモチャっぽいところがなんだかしっくりきているような。。





娘が目を覚ます前に食べ終えて、さっさと食器を片付けなくては☆











■ランキングに参加しているので
 クリックして下さるとうれしいです■
          
  ↓ ↓ ↓
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



暖房器具をどうするか(5)

ようやく、夫婦一致で薪ストーブの導入を決意した我が家。




ですが!!!




なぜ今まで気づかなかったのか?というような現実に突き当たりました。



導入を決意した数日後。
薪ストーブユーザーの実情が知りたくて、mixiの薪ストーブ関連のコミュニティをのぞかせていただいたところ『放射能問題』に頭を悩まされているユーザーさんがいることを知りました。


原発事故の影響で、放射能に汚染されている薪を燃やすことで出る灰による被ばくの懸念、ということのようです。




私たち夫婦は放射能に関して、心配しすぎるわけでも、安易に考えすぎるわけでも、どちらでもない対応をとるよう心がけてきました。というより、どう判断すべきかわからない、というのが正直なところです。何が本当なのか、情報だけではわかりませんし、もっとずっと後にならないとわからないこともあるように感じます。3歳の娘がおりますが、原発事故前と変わらない暮らしをしています。今後も、よほどの真実を目の当たりにしない限りはこれまで通りの暮らしを続けていくつもりです。

ですが、新しく導入するものをあえて健康被害が懸念されるものにするという決断をするほど精神的に強くはありません。数値的に見れば、根拠のなり過剰反応なのかもしれませんが、幼い娘を持つ親として懸念される問題を無視するわけにはいきません。薪を調達するにしても、放射能量をきちんと測定された「安全をうたっている」薪だけを購入するのではランニングコストが高くなりすぎて難しいです。



風評被害をうむような過剰反応は慎むべきだと頭では理解しているのですが、暖房器具が薪ストーブでなくてはならない絶対の理由がない以上、親の憧れだけで導入することはできない、というのが今の時点でダンナさんと出した結論です。



おうちを建てるのはまだまだ先なので、静観して動向を見極めようとは思いますが、現状では薪ストーブを諦めてエアコンを利用することで落ち着きました。




な~んだか、しっくりこない結論。。
やるせない気持ちと、せつなさと、なんとも複雑な心境ですが、「家族がやすらげるおうち」が最大のテーマですので致し方ありません。


ゆっくり、一歩一歩、ひとつひとつを納得しながら楽しいおうちづくりを目指します。




予期しない自然現象も、人為的事故も、小さなことから大きなことまで、どう受け止めるかは自分次第。
物事そのものには本来、良きも悪きもないという考え方があります。身の回りの現象(=物事)をどう感じるか、どう判断するか、どう対処するかは誰でもない自分の責任です。



おうちづくりも
日々の暮らしも
世の中のことも


最終的には全て自分で責任をとるしかありません。



これ、ヨガの教えやホ・オポノポノの本を読んで学んだことですが、たくさんの選択・決断に迫られる「おうちづくり」を楽しむ考え方として参考にしています。








■ランキングに参加しているので
 クリックして下さるとうれしいです■
          
  ↓ ↓ ↓
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

ある日のごはん

今日のお昼ごはんは



蒸す1
セイロ登場

蒸す2
上段にカボチャ&ニンジン

蒸す3
下段にゴボウ



↑これらの蒸した野菜をくわえた炒め飯です
蒸す4

冷蔵庫に余っている玄米ごはん、ごぼう、にんじん、かぼちゃ、しめじ、玉ねぎ、大根、大根の葉、しょうがのすりおりし、にんにくのスライス←あるもの何でもごま油で適当に炒めてできあがり♪今日の味付けはお醤油です。



週末、外食しすぎて娘の野菜不足が心配に。。
でも、お昼ごはんをアレコレ品数たくさん作るほど良い母ではないのですよ。。。

こんなときに子供の好みの柔らかさまで蒸した野菜を小さくしてご飯と炒めると、一品でいろんな野菜を食べてくれるのでオススメです。









■ランキングに参加しているので
 クリックして下さるとうれしいです■
          
  ↓ ↓ ↓
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村



ある日のおやつ

小豆かぼちゃ
アズキカボチャ1


マクロビオティックレシピの定番中の定番です。
私は圧力鍋を使ったり、缶詰の小豆を使ったりして手抜きをしていますが、それでも十分おいしいです。


市販の砂糖たっぷりなお菓子を食べ過ぎて味覚がマヒしてるなぁと思ったときに沢山作って娘と食べます。










■ランキングに参加しているので
 クリックして下さるとうれしいです■
          
  ↓ ↓ ↓
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

暖房器具をどうするか(4)

薪ストーブへの情熱がグッと高まった私たち夫婦。


仮に本当に設置するとなると、依頼先は定期的なメンテナンス依頼や薪の購入等、末長~くお付き合いする可能性が高いのでなるべく近隣のストーブ専門店にお願いするのがベターに思います。そこで、我が家のおうちを建てる予定地域(って栃木ということですが)に近いストーブ専門店を調べたところ、前回ペレットストーブの件でお世話になったお店のほかにもう一つ候補があがりました。

そこで、今度はもう一つのストーブ専門店へ伺うことに。


この時点での私たちの懸案事項
◆薪として売られているものを購入したのではランニングコストが高すぎるので原木等を購入してコストを抑えたいが、原木等の購入先は確保できるのか。
◆仮に、原木が確保できたとして、薪割りを継続的にやり続けることがきるのか(腰痛になったりしないのか)。ダンナさんだけではなく、私にも薪割りの手伝いができるのか(女性に薪は割れるのか)。
◆設置費用の目安はどのくらいか。
◆煙突やストーブの掃除は専門店に依頼するのか、自分たちでできるのか。
◆自分たちのイメージにあう薪ストーブはどれか。


これらを解消すべく、事前に電話連絡をして予約もとりました。
その際、「薪割り体験などはできますか?」とずうずうしくお願いしたところ、「普段はやっておりませんが、いくつか用意をしておきます」と快く引き受けて下さいました。



意気揚々とストーブ専門店へ出向くとナイスガイな社長さん(?)が出迎えてくれ、まずは実践、ということで薪割り体験です!!
「女性にも割れますか?」と尋ねると「慣れれば割れますよ」との回答。
斧の選び方や持ち方、振り方、割るポイントなど、授業を受けているかのように親切に説明をしてくれた上でいざ挑戦。私が最初にやらせてもらいましたが、10回くらい振ったらそこそこの木が割れました!


感動~


アドバイス上手な先生のおかげで割れたのだとは思いますが、想像していたよりも簡単に割れました。

たった数回の体験ですから薪割りの醍醐味はまだまだわかりませんが、いい汗をかく、とはこうことなんだ~というのが感想です。
無心になって斧を振れば瞑想と同じような効果がありそう?



続いてダンナさん。

さすがです。一発命中であっさり木を割っていきます。
ガンガン木を割っている姿は「木こり」というより「獣」のようでした☆


これでひとまず薪割りの不安は解消です。




薪ストーブ設置に一歩近づいた我が家。
続いて店内でお話を伺いました。


はじめ、雑誌等を見たイメージでバーモントキャスティングスの「アンコール」というストーブに憧れていた私ですが、前回ペレットストーブの話を聞いたストーブ専門店でアンコールは薪をくべるときにテマヒマがかかるとの説明を受け、そこではヨツールを勧められました。そのためヨツールの「F3」に気持ちが傾いていたのですが、私たちが薪ストーブに求めるものを伝えると、またまた違ったストーブを紹介されました。



ネスターマーティンのS33


こちらの社長さんいわく、アンコールは確かに他の薪ストーブと比べると慣れるまでは操作の手順が多く感じるので年配の方には勧めないそう。ヨツールは操作が単純だが、燃焼効率が悪いのが難点とのこと。ランニングコストを抑えたいことを伝えると、ネスターマーティンはヨツールよりも燃焼効率が良く、一番の利点は広葉樹に限らず針葉樹も燃やせることだと言われました。


これにはダンナさんが好反応。
木なら何でも燃やせる、ということは近隣の果樹園や造園業の方にも声をかけて原木を譲ってもらえる可能性が高くなります。更には、ダンナさんと私の父はDIY好きなので余った木材を薪に転用できる、というのも利点です。


そんなわけで、形もシンプルで好ましいネスターマーティンに一気に心を奪われました。



他の懸案事項も相談したところ、
◆原木は果樹園などに声をかけておくと譲ってもらえることが多く、こちらのストーブ専門店でも原木を安価で購入できるとのこと。
◆設置費用は周辺アクセサリーなど全て込みで約100万円
◆メンテナンスは初年度はストーブ専門店に依頼して掃除の仕方も教わり、翌年以降は自分で掃除可能。その後、数年に一度は専門店に依頼すると安全・安心とのこと。




以上で懸案事項が全て明確になりました。



予想通り、もっともっと薪ストーブが欲しくなりました。
今日お世話になった社長さんもそうですが、薪ストーブ専門店の方ってナチュラルで、その人をとりまく時間がゆっくり流れているような感じがします。自然と調和してるんだなぁ、って思いました。



ゆったりとした暮らし。
それでいて「楽(らく)」なのではなく、薪割りや火の管理などのやることはきちんと誠実にやる。


やるべきことをやったうえで訪れる静かな時間


今の時代、こういった時間の使い方ができるというのは贅沢ですね。








私たち夫婦の気持ちは薪ストーブ導入、でほぼ決まりました。













■ランキングに参加しているので
 クリックして下さるとうれしいです■
          
  ↓ ↓ ↓
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村






ザ・大根

いつも宅配でお世話になっている『よつば生協』さんの大根。
大根1

立派な葉っぱです~



早速、お味噌で炒めました。
大根2



自然のエネルギーがギュッと濃縮された常備食になりました。
感謝の気持ちを胸に、いただきます。







■ランキングに参加しているので
 クリックして下さるとうれしいです■
          
  ↓ ↓ ↓
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

あと一ヶ月

幼稚園入園まで、あと一ヶ月となりました。

2度の入園説明会を終え、あとは入園式を待つのみです。


入園前に調査票のようなものを提出しました。
記入箇所に子供の「直したいと思うところ」と「良いと思うところ」を書く欄がありました。

書類関係が苦手な私は、当然のごとく提出日前日の夜に慌てて書き始めたので深く考える時間もなく頭に浮かんだまま記入しました。


◆直したいと思うところ
 「引っ込み思案」
 「こわがり」

◆良いと思うところ
 「頻繁に楽しそうに歌い、踊っている」
 「絵本が好き」
 「抱きしめたり、キスをしたり、『大好き』と言葉で伝えたり、と愛情表現が豊か」


書類を読み返したとき、最近の私は幼稚園入園が間近に迫っていることもあって、娘の良いところよりも出来ないこと、ダメだと思うところばかりに目がいきがちだったことに気づかされました。こんなにもステキな良いところがある娘なのに、それよりも一人でトイレに行けない、服が着れない、輪に入っていけない、などなど数え上げればきりがない娘の「どうしたものか。。」な部分ばかりが気になっていました。でもよく考えると、これらのどうしたものか。。な部分って「周りの子と比べて」という判断基準があってのことなんですよね。お友達は一人でトイレに行けるのに娘はいけない、幼稚園に入ったらどうしよう。。というように無意識に周りの子と比べていたのです。


それに比べて、良いと思うところは周りの子と比べて娘がどう、という判断基準はこれっぽっちもありません。純粋に娘をみていてステキだな、っと思える部分です。






娘を他の子と比べなければ、直したいと思うところなんて本当はないんだな~




ふと、そんなふうに思いました。
娘は娘のペースで一歩一歩前進しているのに、他の子と比べてあーだこーだ言っている私は、娘にとって良い母親ではありませんね。反省です☆






一年間、入園する幼稚園の未就学児クラスに毎週通って、娘なりのペースで少しずつ、おうち以外の世界に触れてきました。愛情ある幼稚園にめぐり合えたことで、私も幼稚園を見習って愛情ある子育てをしていきたいと思わせてもらっています。

はじめの数ヶ月は先生が近づいてきただけで号泣していた娘が、今ではハイタッチをして先生と別れるまでになりました。お友達と交わることもできなかった娘が、幼稚園児に便乗させてもらった今日の遠足では、園児やお友達のリードに助けられて始終楽しく遊ぶことができました。



幼稚園に通い出せば、今よりもっともっとたくさんの変化が訪れるでしょう。
信頼できる幼稚園で娘がいろんな経験をさせてもらえると思うと、この出会いに感謝です。




これまで娘の全てを世話してきましたが、これからは少しずつ手を引いて、口を控えて、必要なときに必要な手助けができるサポート役にまわろうと思います。





あと一ヶ月。
娘との日々の暮らしを今まで以上に楽しみます。












■ランキングに参加しているので
 クリックして下さるとうれしいです■
          
  ↓ ↓ ↓
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

雪山

白銀の世界
雪山3
予定通り、早起きをして日光へ行って参りました。


雪山2
初めてのスノーシュー。
コツは全くいらず、軽くて扱いやすいです。
地面が雪に埋もれていて今回は平地ばかりを歩きました。その分、足腰の負担がないので年配の方にもおススメです。今度は両親を連れてきてあげたいな。




そして、前夜ソリを引っ張るイメトレに集中していた娘はというと。。。
雪山9
アレ?




雪山5
アレレ?




雪山1
アレレレレ?






結局のところ、ず~っと引っ張られておりました☆






ほとんど活動していない娘ですが、ちゃっかり外ランチ&おやつは堪能してました。
雪山7
我が家のアウトドアの定番、マシュマロ。



私たち夫婦は、お手軽カップラーメン。
雪山6
アウトドアクッキングなんて出来たらステキですが、雪山初心者なため冒険はしませんでした。それでも、適度に歩いてお腹もすいていたらカップラーメンがとってもおいしかったなぁ。お山で食べるとインスタントも格別です。




ダンナさんに早朝から起こされて強制連行されたようなものでしたが、いつも「来てよかったな~」と思います。行くまでは面倒だったりするのですが、重い腰をあげて自然を感じる場所に行くと、山へ出かけるのを面倒に思ってしまっているほど自分の感覚が鈍っているんだなぁということに気づかされます。自然あふれる場所へ出かけることを面倒に思うのは、大いなる自然と自分が離れてしまっている証拠なのかな、なんて。
雪山8
こういうところへお邪魔すると、キモチがシンプルになります。
ちょっとした「気づき」を与えてもらうこともあります。




連れてきてくれるダンナさんに感謝です。






最後は天然温泉に入って、のんびり、ゆったり、最高の休日でした(娘はダンナさんと一緒に男湯です♪男湯の露天風呂から娘の興奮する声がガンガン聞こえてきましたけどね)。










■ランキングに参加しているので
 クリックして下さるとうれしいです■
          
  ↓ ↓ ↓
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

明日の予定

週末がやってまいりました。

何かにつけてオールシーズンでアウトドアを満喫している我が家ですが、明日もウィンタースポーツを楽しんできます♪

前回、娘のイメトレはソリに乗ることでしたが、徐々に進化を遂げて今では引っ張る方に夢中です。
明日の予定2


明日の予定1


おでかけ先もスキー場からホントの雪山に進化(?)してます。


娘とダンナさんは既に二人で仲良く経験済みですが、私はスノーシュー初体験!!
雪景色に感動したダンナさんに半ば強引に連れて行かれるわけですが、行くからには楽しんできま~す♪


ダンナさんいわく、娘はスキー場より雪歩きの方がよく遊ぶそうです。
私たちの娘だけあって、より自然を好むのでしょうかね~







■ランキングに参加しているので
 クリックして下さるとうれしいです■
          
  ↓ ↓ ↓
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
プロフィール

はる☆

Author:はる☆
都会育ちの夫婦がナチュラルライフを目指してプチ田舎におうちを建てました。筑波山を眺めながら4歳の娘と一緒に自然に寄り添う暮らしをはじめたばかりです。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター