FC2ブログ

雪の日、その後

いったん下まで降りたものの、あまりの寒さにパーカーやらスパッツやらを着込みに引き返しました。
雪の日
スノウブーツに履き替え、砂場道具を持って今度こそ完璧です。

それにしても、写真を見て初めて気づいたのですが、娘のファッションが。。。

◆へんな木の柄のニット帽(西松屋)
◆チェック柄のマフラー(手作り)
◆ドット柄のコート(無印良品)
◆青いパーカー(お下がりのラルフローレン)
◆ボーダーパンツ(しまむら)
◆花柄の手袋(玉川高島屋にて)
◆ピンクのファーつきスノウブーツ(クロックス)

見事なまでに柄×柄でメチャクチャです☆
出かけるわけではないので、寒さ対策でドンドン重ねていったらこうなってしまった☆☆☆

しかし、子供だとこれほどまでに支離滅裂な組み合わせでもそれはそれで。。。って感じで許されるのが不思議です(許したのは私だけかもしれませんが)。
私がコレを着たらかなりイタイですものね。


マンションのエントランスにて。
当然ですが、雪がガンガン降ってますからダ~レもおりません。
雪の日4
娘、雪を目の前に異常なまでの笑顔です。
かあさん、ガンバった甲斐があります。


外には出ない、という約束はわずか数分で破られ、駐車場を練り歩いております。
雪の日7
最後は雪を砂場道具のバケツに入れ、むしゃむしゃ食べていました。
かあさん、ドン引きです。


途中、途中、体が冷え切らないようにとホットココアで温まります。
雪の日6
普段は牛乳アレルギーということもあって娘にココアは飲ませんが、こういうときは特別です♪


至福の時
雪の日5
雪遊びで十分楽しいのに、思いがけずココアまでもらえて娘はさぞうれしかったことでしょう。





おうちに帰ってからの娘。


「雪で遊ぶとココアがおいしいね」と10分おきくらいに報告してきます。



小さなことに幸せをみつけられる娘を尊敬すると同時に、あまりにしつこく変わり映えのしない報告なので聞き飽きてきた頃、コトっと眠りにつきました。
昼寝1



ラッキ~♪







■ランキングに参加しているので
 クリックして下さるとうれしいです■
          
  ↓ ↓ ↓
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



雪の日

天気予報通り、朝から雪景色です。
雪の日3


今日は幼稚園の未就学児クラスで焚き火の予定ですが、室内遊びに変更と思われますし、運転に自信がないのでお休みすることにしました。


こんな日はおうちでまったり~

とできればありがたいのですが、3歳児と共存している私に「まったり」は許されません☆
朝から何度も何度もベランダに出て抱っこをして雪を見せろ、と命令され、頃合いを見て幼稚園に行かないことを告げるとブチ切れられ、挙げ句に外に出ようと手袋やらマフラーやらを引っ張り出してくる始末。


娘の根性に敗北です。
雪の日2

さすがに雪が降っているので外は出ずに、マンションのエントランス付近で午前中は過ごすことになりそうです。



あ~、玄関付近で娘の嬉々としたはしゃぎ声が聞こえる~
あったかいドリンクを水筒に入れて、いってまいります☆









■ランキングに参加しているので
 クリックして下さるとうれしいです■
          
  ↓ ↓ ↓
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

暖房手段をどうするか(3)

薪ストーブか、エアコンか、で悩む日々に新しい暖房機器が投入されました。




ペレットストーブ。




私は最近になって初めて知ったストーブなのですが、世間的な認知度はいかがなのでしょうか?薪ではなく木質ペレットという固形燃料を燃やすそうで、間伐材の利用促進などエコの観点からも注目を浴びているようです。薪ストーブと比べると火力調整や燃料供給が簡単で、煙もほとんど出ない場合が多いとのこと。中にはタイマー機能付きなんてものも!!




薪ストーブよりもランニングコストが抑えられて、薪のストック場所も不要。
ある程度、炎も楽しめる。そしてエコエネルギー。



チョコっと調べた限りでは我が家にマッチしている気がします。



考えるより即行動!な私たち夫婦はさっそくペレットストーブを扱う茨城のストーブ専門店へお邪魔しました。



残念ながら店舗ではペレットストーブの実演をやっておらず、お店の方がパンフレットを使って丁寧にペレットストーブの説明をして下さったのですが、

が、
が、
が、

私たちは説明を聞きつつも目が、心が、店内で実演されている薪ストーブに釘付けになっておりました☆


薪ストーブの魔力はすごいですよ、ホント。
見てはいけません。感じてはいけません。欲しくなりますから。


薪ストーブに心を奪われながらも、どうにかペレットストーブの概要を理解しようとする私たち。
お邪魔した店舗で取り扱っているペレットストーブは送風式のものが大半とのこと。輻射式のペレットストーブもあることにはあるそうですが、ストーブトップにヤカンや鍋を置けるタイプは少ないとのこと。さらには、送風と吸排気から生じる継続的な作動音がうるさい機種も多いようです。
私は暖房機器の風がどうにも苦手ですし、電気製品の作動音も気になります。寝るときに加湿器の音やお風呂場の換気扇の音が聞こえると寝られません。ダンナさんの豪快なイビキとかならへっちゃらで寝れるのに。。自分でも不思議ですが電気の音って独特ですからね~。それに、ストーブを導入した際は煮込みや湯沸しなど簡単な調理補助にも使いたいと思っているので、この時点で興味を半分以上なくしてしまいました。

決定打は、まぁこれなら、と妥協できる性能(輻射式でやかん一つくらいならのせられるタイプ)のペレットストーブだとデザインが洗練されていて(モダンすぎる、というのでしょうか?)全く私の好みではなく、デザインが比較的好みの古典的な薪ストーブに似ているものだと送風タイプで性能が好みではない。


結果、その場で「ペレットストーブはやめよう」と夫婦で一致しました。



で、どうしたかと言うと、
「ペレットストーブについて教えてください」とストーブ専門店にお邪魔したのに、そんなことはすっかり忘れたかのように「薪ストーブについて教えてください」とお願いちゃいました☆

今度は実際に稼動中の薪ストーブを使って、これまた丁寧にお店の方が説明して下さいました。

聞けば聞くほど、惹かれます。

これまでの話合いはなんだったんだ!?というくらい、いとも簡単に「薪ストーブが欲しい」という思いが頭を占領してしまいました。薪ストーブの魅力は、ストーブそのものにとどまらず、そこからイメージされるライフスタイルや癒し空間、そういったものが創造できるところにあるのでしょうね。


ストーブ専門店を後にした私の手には薪ストーブのパンフレット。
帰路の車中ではどの薪ストーブにするか、で盛り上がる始末。

魅力的なモノに出会うと夫婦してセーブが効かなくなってしまう私たち夫婦。
けれど、忘れてはいけないコストとテマヒマ。





どうなることやらです。。。









■ランキングに参加しているので
 クリックして下さるとうれしいです■
          
  ↓ ↓ ↓
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

ある日の夕ご飯

今週末、軽井沢へお泊りスノボーで留守だったダンナさん。
お詫びのしるしでしょうか?私の大好物を買ってきてくれました。


ジャジャーン!!峠の釜めし
かまめし1


中身もお値段もむか~しから変わっていないようです。
かまめし2



小さい頃、夏と冬には軽井沢へ家族旅行へ出かけていた私にとっては「なつかしの味」です。帰りのインターで両親が必ず買って帰ってました。
旅行のしめに『峠のかまめし』が定番だったな~



久しぶりに食べると、やっぱりおいし~♪



ダンナさん、ありがとう。









■ランキングに参加しているので
 クリックして下さるとうれしいです■
          
  ↓ ↓ ↓
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

ある日のおやつ

せいろで蒸して、蒸して、蒸して~
ふかしいも1


今日のおやつは、ふかしさつまいも。
ふかしいも2




おやつにおイモ、かなりの高頻度です。





■ランキングに参加しているので
 クリックして下さるとうれしいです■
          
  ↓ ↓ ↓
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村





本気の耳かき

お風呂に入ってい~気分でリビングへ戻ると、とんでもない光景が!!
耳掃除2

昼夜関係なく踊って歌って静止することがほとんどない娘が微動だにせず、目もウツロ。。
そしてダンナさん、それは登山用のヘッドライトですけど~ ナゼに家で!?




ギョッとしてしまい、すぐに声をかけられませんでしたが、落ち着いて見るとダンナさんが持っているのは耳かきです。
耳掃除1



本気の耳かき


他の表現方法がみつかりません。





確かに我が家の照明は私好みで暗めですが、娘の耳掃除もほっとんどやりませんが(やるとしてもコワいので綿棒でチャチャッ☆)、性格なんですかねぇ~ 


ダンナさん、やるならとことん・・・すぎます。











■ランキングに参加しているので
 クリックして下さるとうれしいです■
          
  ↓ ↓ ↓
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

暖房手段をどうするか(2)

石油ストーブに変わる暖房手段として、まっさきに興味を示したのが夫婦ともに薪ストーブでした。


私の場合、ムリのない範囲で自然に寄り添った暮らしをすることが自分らしいのでは?と気づき始めたところなので、「火のある暮らし」に非常にひかれてしまうのです。それに加え、マクロビオティックの考え方も暮らしの参考にしていますので、暮らしの道具の大半を電気製品でまかなうことにも抵抗を感じています。


とはいえ、大きな壁がコストと労力。
初期投資はどうにかなるとしても、薪を調達するランニングコストが我が家には重くのしかかります。どうにか安価で薪を調達しようとすると、今度は労力がなかなかのものです。原木を安価で譲っていただいてトラック等で運び、チェンソーと斧で薪サイズに切って、乾燥させて、庭にストックする、なんてことはかなりの重労働ですので、私だけでは太刀打ちできず、ダンナさんの長期的なガンバリが必要になります。しかも、ガンバって安価で薪を調達したとしても、エアコンよりはコスト高になりそうです。そうなると、『憧れ』だけで導入して良いものか、非常に悩みます。


思い悩んでいるうちに他にもお金をかけたいところが山ほど出てくるわけで、悩めば悩むほど弱気になる私とダンナさん。しばらくすると、「ツーバイフォーのモデルハウスを宿泊体験したときはエアコンだけで十分暖かかったのだからエアコンでいけるのではないか?」との考えにシフトしていきました。(余談ですが、おうちづくりって、夫婦二人で同じ目的・目標に向かって一歩一歩進んでいくので、同じことに興味を示し、調べ、夢を描き、悩み、結論を出していく、その連続ですから夫婦の会話がとても濃密になりますよ。同じことを検討しているのに考え方が全く違ったり、ぴったり一致したり、それはもう楽しいです!)


ハウスメーカーの方に相談すると、エアコンの風が苦手ならば「蓄熱式暖房機器」がほんわか温まるたぐいのものだから良いかもしれない、と勧めてくださったのですが、蓄熱式暖房機器は深夜電力を使うことでお得感がある暖房機器なんだそうです。最も適するのは、オール電化住宅にして深夜電力が安くなる契約をすること。私たちがおうちを建てたい希望エリアは、ほぼ100%都市ガスは通っておらずプロパンガスなので、オール電化はコスト面からすると非常に魅力的です。


けれど、けれど、「火のある暮らし」を捨てられない私はどうしてもオール電化住宅に抵抗を感じてしまうのです。一番妥協できないのが調理です。IHクッキングヒーターは理屈抜きに違和感がぬぐえないのです。なにごとも厳格に突き詰めずに「ほどほどに」「柔軟に」「おおらかに」「バランスよく」を心がけているので、たまにIHクッキングヒーターを使って調理し、いただく分には気にならないのですが、365日、一日3食を電気で調理するとなると私の場合「たのしい~♪」と思えないんですよね。(あくまで個人的な趣味志向なので、オール電化を否定するつもりは全くないこをご理解ください。)IHクッキングヒーターを受け入れられたらオール電化で決まりなわけで、コストもテマヒマも非常に楽になります。私も自分の思い込み、こだわり、自我、そういったものがオール電化に抵抗を感じているだけかもしれないのだからと、実際にIHクッキングヒーターで簡単な調理体験をさせてもらったりもして、気持ちがシフトすることを願ったのですが、今のところ受け入れられないでいるのです。


調理をしないダンナさんからしたら、プロパンガスしか使えない地域でガスにこだわる妻は面倒だと思いますが、どういうわけか私の気持ちを尊重してくれて、プロパンガスを使いつつ高熱費をおさえる方法を一緒に考えてくれています。逆だったら「そんなこだわりは捨ててしまえっ!!」と言ってしまっているかもしれないと思うと、ありがたくてありがたくて、ダンナさんには頭が上がりません。


そんなこんなで、オール電化でもなけりゃ、同居の両親と専業主婦の私が日中ず~っと家にいることを想定しますと、深夜電力を使うことでメリットが生まれる蓄熱式暖房機器も我が家にとっては魅力が半減してしまいます。


ふ~
またまたコストを考えエアコンで妥協するか、夢をかなえて薪ストーブにするかを悩む日々に戻りました。

私としては、ワガママを通してIHではなくプロパンガスを入れてもらうので、暖房機器はエアコンでもいいかな~という思いもあるのですが。。。どうなるのでしょう~

暖房手段をどうするか(1)

ツーバイフォーないしツーバイシックスでおうちを建てると決めた我が家ですが、冬の暖房手段を決めかねています。


現在は石油ストーブを基本に、すぐに出かける予定がある朝などはエアコンを使用しています。理由は、ファンヒーターやエアコンの風が苦手なのと、ストーブのほんわかとした火がダイスキだから。

ストーブ1



当然、新しく建てるおうちもストーブで♪と考えていました。
私なんて、いつか憧れのアラジン~♪と夢を描いていたほどです。


が、ツーバイフォーのハウスメーカーさんから「高気密・高断熱の家では石油ストーブやファンヒーターは酸欠の恐れがあるのでおススメしません」とバッサリ言われてしまいました。



はい?
酸欠?
どういうこと?


気密性が高すぎて酸欠により不意完全燃焼を起こして一酸化炭素中毒になる可能性がある、というようなことらしいです。けれど、高気密・高断熱のおうちに縁のなかった私とダンナさんにはいまいちピンときません。


高気密・高断熱住宅をウリにしてるからって言いすぎじゃないの~?
盛っちゃってな~い?


と聞いた当初は「クスッ」と二人で笑いあって半信半疑でした。
ですが、宿泊体験をして「確かにホンモノの高気密・高断熱住宅は違うゾ」と肌身で感じた私たち。おススメされないものを無理やり導入する勇気もありません。
しかも、ダンナさんのこだわりで換気システムを通常の第三種ではなく第一種にする予定なので、わざわざグレードをあげて第一種を導入したのに酸欠防止のために窓を開けて換気するっていうのもヘンな話です☆


さぁ、どうしたものか。
石油ストーブに変わる暖房手段を検討しなくてはならなくなりました。





玄米おにぎり

玄米4  玄米5
圧力鍋で炊いた玄米をおひつに入れて、


ていねいに
ていねいに

つくった






おにぎり
玄米6



ザ・粗食。

朝かお昼のメニューと思われたでしょうが、ダンナさんの立派な夕ご飯です。
今週はダンナさん、ダイエット週間です☆








■ランキングに参加しているので
 クリックして下さるとうれしいです■
          
  ↓ ↓ ↓
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

我が家の源

かれこれ3年近くお世話になっています↓
玄米2


『すごい米』



地元の有機食材を中心に宅配をして下さる「よつば生協」の定番商品です。
玄米3


マクロビオティックの調理法を参考にしている我が家では、白米と一緒に玄米も常備してあります。私の気分で食べ分けているのですが、冬になるとグッと玄米頻度が増えます。冬になると不思議と圧力をかけて炊いた玄米が食べたくなるのです。


ホウロウのキャニスターに玄米とお水を入れて、冬は半日から1日ほど常温で浸水させます。
玄米1


そして、フィスラーの圧力鍋で冬は高圧で27分加圧後、自然放置。
圧がおりてからおひつに移して10分以上してからいただきます。

浸水時間も水加減もチョイチョイ適当な私の場合、玄米を圧力鍋で炊くと柔らかすぎたり、おこげができたりと炊き加減が安定しません☆が、失敗したな~と思ったときでもとりあえずおひつに入れておくと、あら不思議。ちょうど良い加減に出来上がっているのです。

おひつは、炊飯器の保温機能が優れている現代においては必要ないと思われがちですが、ご飯のおいしさが変わります。ご飯炊きの未熟な私の救世主でもあります。

比較的高価で場所もとりますが、一家に一おひつ。おススメです。

玄米7



お米にテマヒマをかけると、粗食でも十分ありがたく、おいしくいただけます。








■ランキングに参加しているので
 クリックして下さるとうれしいです■
          
  ↓ ↓ ↓
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

しっかりごはん

ちゃんとした「ごはん」が食べたいなぁ

そう思ったときに迷わずオジャマするのが「くーずべりー」さんのランチです。
くーずべりー1

お昼ごはんにこれだけの品数をいただけるなんて贅沢なことです。


何度かオジャマしているのでお店の方も覚えていてくれて、食物アレルギーの娘の食べ物を持ち込むことも「どうぞどうぞ」と快く受け入れてくれます。更には、娘用にご飯もサービスしてくれるのでありがたい。

くーずべりー2

お外で「手作り」を感じられるごはんをいただけるのは、うれしいことです。






■ランキングに参加しているので
 クリックして下さるとうれしいです■
          
  ↓ ↓ ↓
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

朝8時30分

引越し先のマンション、とにかく日当たりがイイのです。
朝1
朝8時30分でこの状態。
お日様ありがと~♪


お日様が昇ると活動し、沈むと休息する


そんな暮らしが自然とできてしまう環境ってありがたいです。



そう。
『自然と』できてしまうんです。
なぜなら、我が家は南面にガガーンと窓があるにも関わらず、まともなカーテンがかかっていないのですから☆

私とダンナさんはお日様サンサンでも現代人なので無視して寝てられるのですが、娘は私たちより原始的な生き物のようで、お日様が昇ったのに気づくと活動を始めてしまうのです。結果、私も早起き傾向にあります。


でも、朝のピンとした空気のなかで洗濯物を干すのってキモチいいものですね。




そして、リビングもこの通り、お日様の恩恵を受けています。
朝2
リビングの奥にある台所にも光が届くので、今の季節だと8時にはLDKの照明を消します。お天気が良いと9時には暖房機器もいらなくなるので、お日様を味方に付けるとエコライフにもなりますね。そうはいってもシングルガラスなので、お天気が悪い日が続くと極寒です☆夏は灼熱地獄でしょうかね~



そうそう。上の写真、紙くずが散らばっておりますが、犯人はもちろんコノ方です↓
朝3

朝から熱心に折り紙をちぎりまくって、ばらまきまくって、『あっめあめ、ふっれふれ~♪』をリピート三昧。
朝4

掃除を始める前でよかったです☆

にしても、裸足でフローリングに座り込んで遊ぶなんて、前のおうちでは考えられなかったような。。天然の暖かさのおかげで娘ものびのび遊んでくれています。







■ランキングに参加しているので
 クリックして下さるとうれしいです■
          
  ↓ ↓ ↓
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

ある日のおやつ

ローソン・プレミアム紅茶ロールケーキとミルクティ
おやつ1



引越し先はローソンが徒歩3分。
娘とのちょっとした気分転換にイイ距離です。
思わずPontaカードも作ってしまいました☆


一時期ハマったものの、しばらくご無沙汰していたプレミアムロールケーキ熱が再燃です☆




最近のコンビニスイーツは本当にレベルが高くていらっしゃるわ~







■ランキングに参加しているので
 クリックして下さるとうれしいです■
          
  ↓ ↓ ↓
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

1ヶ月

賃貸マンションに引っ越して1ヶ月が過ぎました。
新居3


戸建てに住んでいたときとは違い、外界との接点がほとんどありません(笑)。
戸建てのときは、庭に出れば誰かしら近所のヒトと立ち話をして、そのまま子供と一緒に公園へ流れて気づけばお昼。。なんてことがしょっちゅうでしたが、こちらのマンションではエレベーターに他の住人と乗り合わせたことすらありません☆上下階に住んでいる方がいるのですが、気配がほとんどない。。

ごく近隣に引っ越したのに環境がガラっと変わりました。


新婚当初に住んでいた日光のリゾートマンションを思い出す静けさです。



すぐにさびしくなるかな、と思いきや、そんなこともなく、小さな楽しみを家族3人で分け合って何倍もの楽しさにかえて満ち足りた日々を送っています。


暮らしが穏やかだと、心も穏やかになりますね。


ホントの目指すところは、どんな環境に身を置いても周りに影響されることなくブレずに平穏でありつづける、というようなことなのですが、私はまだそういった領域に達せていないので、「自分が自分らしくいられるための住環境を模索すること」は、思っていた以上に大切なことなのかもしれません。目指すところに到達するために、まずは環境から近づけてみる、みたいな☆



賃貸でも、持ち家でも、
戸建てでも、マンションでも、
新しくても、古くても、
便利でも、不便でも、



自分にとって心地良いかどうか、

私にとっては、そこがポイントのようです。









■ランキングに参加しているので
 クリックして下さるとうれしいです■
          
  ↓ ↓ ↓
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

節分

今日は節分ですね。

こんな日に限ってダンナさんは飲み会で帰りが遅い。。。

役立たずー



仕方がないので、4月から入園する幼稚園の未就学クラスで作った鬼に暴れてもらいましょう。
節分
ちなみに、鬼のオデコに書いてある名前はダンナさんの名前です
(娘もダンナさんから一文字もらっているので同じですが。。)。
「鬼の名前は何にする?」と娘に聞いたら「フミ」と即答。


パパを何だと思っているのでしょう?




そして豆まきは、娘が大豆アレルギーなので新聞紙をちぎって丸めることになりそうです。
娘がお昼寝をしている今のうちに用意しなくては☆

ビーズあそび

少し前になりますが、景品で「ビーズつなぎ」のオモチャをもらった娘。
すぐに「やりたい」と言っていたのですが、糸を通す穴が小さなビーズだったので、きっと娘にはできないだろうと思って「今度ね」と適当にあしらっていた私。。

その後も何度かビーズをやりたがる娘をあしらうのが面倒になって(ダメ母です☆)開けてみたところ、なんと!娘は真剣に、丁寧に、根気強くビーズをつないでいったのです。


ビーズ2  ビーズ1

ビーズ4  ビーズ6


娘の成長に驚かされました。

私が思っていた以上に手先が器用になっていたことにも驚きましたが、一つのことに集中する姿勢に関心しちゃいました(親バカです)。うまくビーズがつなげられなくて落ちてしまってもカンシャクをあげることなく、飽きて放り投げることもなく、私にやってもらおうとすることもなく、黙々とビーズと格闘する娘。



母の知らないうちに、娘はちゃんと成長してくれているのですね。




必殺!どや顔☆
ビーズ5



・・・恐れ入りました。











■ランキングに参加しているので
 クリックして下さるとうれしいです■
          
  ↓ ↓ ↓
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
プロフィール

はる☆

Author:はる☆
都会育ちの夫婦がナチュラルライフを目指してプチ田舎におうちを建てました。筑波山を眺めながら4歳の娘と一緒に自然に寄り添う暮らしをはじめたばかりです。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター